UFJおまとめローン

インターネット銀行定期預金
に接してみる

インターネット銀行定期預金に接してみる

これまでの定期預金に対するイメージから、普通預金の額が結構増えてきたというときや、安定した収入があるので、 その中から一定の額を定期預金にすることによって、積み立てのような感覚でお金を賢く増やしてゆこうという方もあるでしょう。 しかしながら、ゆっくりと冷静に普通預金と定期預金を、その金利の面だけで比較するときに、 両者にはそれほど大きな開きがないという悲しい現実に遭遇します。

もちろん、すべての銀行に一律の基準があるわけではありませんから、場合によってはキャンペーン金利などを実施していて、 有利な金利を引き出すことができるかもしれません。 さらに、銀行によってはその預金が大口になるときに、 非常に有利な利率での預金をすることができるように設定している場合もあります。 ですから、普通預金から定期預金への預け入れを検討している場合には、 銀行の営業マンに言われるままに先導されるのではなく、しっかりと情報を入手して、それらに基づいて理性的に決定しましょう。

しかし、金利の面ではなく、定期預金の性質を賢く利用した考え方によって、 そこに金利以上のメリットを見出すことができるかもしれません。 たとえば、固定された期間は、それが自分のお金であっても使うことができないという性質を上手に利用して、 お金を使わないための方策として定期預金を使うこともできます。

また、そのように定期預金について調べていくうちに、インターネット銀行の利点にも気づくかもしれません。 単純に金利だけで比べてみると、10倍くらいの差が出ているかもしれません。 ネット銀行での情報は、基本的にネットで仕入れることになります。 ですから、人によっては確認しにくいかもしれず、また他の預金と混同しないようにしましょう。

さらに、ネット銀行では情報がこまめに更新されます。 それで、金利なども含めてこまめにチェックしておきましょう。 現時点で総合的に人気があるのは、三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同で出資しているじぶん銀行です。 これまでインターネット銀行に接した機会のなかった方は、この機会にじぶん銀行の情報を検索してみると、 ネット銀行というものがどのようなものであるかをよく知ることができるでしょう。 そして、さらに余裕があればほかのネット銀行を参照してみることもできると思います。